2010年02月14日

浜松から日本酒通の方々

最近バタバタしていて、酒蔵娘に蔵見学を頼んでばかりで、



昨日久しぶりに担当♪



浜松からの男性3名様・・・・かなりの酒蔵めぐりをしていらっしゃる



ようで感心するほど、詳しいコメントが出てきました。


お酒を搾る上層の場所で、どこへ行ってもこのYABUTAの機械があるけれ


ど日本全国でどんなシェアなんだ目と、




言われればこの機会を発明したことは、昔の大きな木の船の



ような中に、酒袋に重いもろみを入れて、搾る重労働を楽にしてくれ



た、画期的な事だったんだろう!!・・・と、



試飲コーナーでは、完全にただの試飲ではなく、吟味といった感じで



一人の方がおもしろいことを言ってみえました。



冬季限定の「極寒しぼりの純米大吟」を呑んで、


「よだれの出そうになるお酒」と・・・・・極寒(緑).jpg



その方の中では、含んで、



「のどに来るお酒」と「よだれの出そうになるお酒」と、



二つに分かれるんだそうです。



また、極寒の本醸造(青ラベル)は香が「東京バナナ」を食べた



後みたい!!と、楽しい表現もぴかぴか(新しい) 極寒(青).jpg


やはり、気の合った仲間といろんなお酒を飲み比べる楽しさは、


最高わーい(嬉しい顔)ですね。H22,2,13.jpg


楽しいお時間をありがとうございました!!












  清酒「奥飛騨ショップ」
posted by おかみのブログ at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。